印刷

男子バスケットボール部

 
 





 本部では競技を通した人間(人格)形成を第一の目的とする為、技術的側面より心の成長/変化を重視しています。アップテンポな攻撃を中心としながら、個人戦術/チーム戦術に長けた粘り強いバスケットボールを目指し日々活動中。
◆キャプテン紹介  
 山内 康平  
 野津田高校男子バスケットボール部キャプテンの山内康平です。男子バスケットボール部は1週間のほとんどを体育館で練習できるという素晴らしい環境で新人戦第2支部大会連覇を目標に日々練習に取り組んでいます。野津田高校体育科では、専攻授業というものがあり授業の一つとして部活動をすることができ、スポーツを好きな人には嬉しい高校になっています。是非、学校説明会や体験入部に来てください。
 ◆主顧問  
保健体育科  野口 俊夫(34)   
 
 

◆本部の特色

(1)練習について
・オフシーズン(6月~9月)→週5回+専攻3コマ,8月に長期OFFあり
・シーズンイン→週5回強or6回+専攻3コマ 
・部員数→40名
【3年生11(体育10/普通1)、2年生14(体育12/普通2)、1年生15(体育12/普通3)】
・練習時間→平日16:00~18:45、休日は半日
・練習環境→活動日はアリーナ使用及びフィットネスルーム(フリーウエイト)使用可能


(2)近年の成績
H29年度
・新人戦 第2支部大会 
優勝 
・新人戦本大会 
ベスト16
・東京都第2支部選抜選手2名選出…PG,SF

H30年度
・関東大会予選 ベスト32
・東京都第2支部選抜選手
2名選出…PG,C

令和1年度(H31年度)
・関東大会予選 ベスト32
・総体予選 4回戦敗退

(3)社会人チームとの強化練習
・玉川大学体育会バスケットボール部(年4回)、その他社会人チーム



(4)入部基準
(1)授業・学校行事を誠実に受けることができる者(バスケットボールだけをやりにくる者はお断り)
(2)3年間続けられる者
(3)高校卒業後の進路を明確に意識した上で競技と向き合うことができる者





(5)チームアイテム













大会中の様子1




(6)最新の試合 NEW

●令和元年 インターハイ予選4回戦
対 日本学園(19-17、16-23、20-14、10-33)
第3クォーター終了時点でリードするも敗戦




読みの鋭いディフェンスで流れを変えたSG♯6細野。本校のアップテンポなバスケットを体現した。




インサイドを支配し得点とリバウンドを量産したC♯4山内。40分フル出場し精神的にもチームを支えた。




プレスダウンとゲームコントロール、2つの役目を担ったPG♯7大橋。本校のトランジションを支えた。





ショットブロック、リバウンドと空中戦を貢献したSG上田。また勝負所でのアシストやドライブが光った。




惜しまれつつ引退した3年生(最前列)と1・2年生
 
 
 
▲トップへ


 
(平成28年9月)
〒195-0063 東京都町田市野津田町2001番地
電話 : 042-734-2311 ファクシミリ : 042-734-9388
E-mail : S1000148(at)section.metro.tokyo.jp
アクセス